HOME » どのタイプがいい?水素水の選び方 » サプリメントタイプ

サプリメントタイプ

水素水と並び高い人気を得ている水素サプリメント。水素水とサプリメント、どちらが良いのか違いが分からない方も多いのでは?

そこで、ここではサプリメントの特徴やメリット・デメリットを解説。水素水との違いについてもご紹介します。

水素サプリメントの特徴

水素サプリは、サプリメント自体に水素が含まれているわけではありません。サプリメントの中に水素を発生させる成分が含まれていて、その成分が体内の水分と反応して水素を発生させます。

水素を発生させる成分には、シリカ、フラナガン、サンゴカルシウム、炭酸カリウムなどさまざまですが、なかでも多量の水素を発生させるのが精製岩塩から作られたもの。

精製岩塩は、水素研究の第一人者である日本医科大学の太田教授が開発したもので、岩塩から余分なナトリウムなどを取り除いてマグネシウムだけにしたものに、水素を含ませたもの。そこに水を反応させて水素ガスを発生させます。

水素サプリのメリットは、1日1回好きな時に飲めるという点です。飲料水の場合はどうしても、量を飲まなければなりませんが、1回飲むだけで必要な水素を摂取できるので非常に手軽です。

仕事や家事で忙しく、こまめに水素水を補給できない方でも負担なく続けられます。それに、副作用もないので子供からお年寄りまで、世代を問わず飲むことができます。

ただし、注意したいのがサプリメントの製品選び。なかには、水素がほとんど検出されないような製品も存在するので、信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。

水素水とサプリメント、おすすめなのは?

水素水とサプリメント、どちらが良いか迷っている方は、次のポイントをチェックしてください。

まず、面倒くさがりの方は水素水がおすすめ。一見、逆のように思えますがサプリよりも水素水の方が水分補給がわりに摂取できるので、朝冷蔵庫を空けた時の「ついで」に、お風呂上がりの水分補給の「ついで」に、といった具合に習慣づけやすいのです。

また、安全性を重視する人も水素水がおすすめ。サプリメントはその性質上、どうしても固形にするための物質を加える必要があります。

その点、水素水はほとんどの場合、採水地を明確にしていますし、水質検査も行われています。原材料も水と水素だけなので余計なものは入っていません。

このような点から、サプリメントよりも水素水の方がおすすめできると言えますが、水を飲むことが苦という人はサプリメントが良いでしょう。

サプリメントの値段は製品によってまちまちですが、1ヶ月分で8,000~10,000円くらいの価格帯が多いようです。

水素サプリのおすすめ3商品はコチラ!

ナチュラ水素

太田教授が開発した精製岩塩を採用しており、水素サプリの中でもトップクラスの水素濃度1.6ppmを実現しています。

商品到着から10日間で満足できなかった場合は1箱分の金額を返金してもらえる返金保証があるので、初めての人でも安心。

販売数は30万箱を突破。リピート率89%を誇る人気サプリです。

ナチュラ水素について公式HPで詳しく>>


水素美人

特許取得成分「天然牡蠣カルシウム」を使った水素サプリメント。使用している牡蠣殻は100%国内産、牡蠣パウダーを包むカプセルも植物由来だから安心です。

体内で発生した水素の持続時間が7~8時間と長いのも水素美人の特徴。初回購入限定にはなりますが、送料無料、30日間の返金保証があるので安心して試せるのが嬉しいですね。

水素美人について公式HPで詳しく>>


ハイドロゲンEX

水素を発生させる成分としては還元力が高く、抗酸化力が強いと言われているフラナガンを原料に使用。

水素だけでなく、食物繊維のペクチン、ポリフェノールの一種であるレスベラトロール、ミネラルを含む根昆布、健康の源である発芽玄米などの健康・美容成分も同時に配合しているので、美肌ケア目的で水素を取り入れたいという女性にはおすすめです。

ハイドロゲンEXについて公式HPで詳しく>>

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ