HOME » どのタイプがいい?水素水の選び方 » サーバータイプ

サーバータイプ

自宅で簡単に水素を生成し、飲むことができる水素水サーバーについて、特長や価格相場、メリット・デメリットなどをまとめました。

サーバー型水素水の基礎知識

皆さんは、水素水サーバーと言うとどんなものをイメージされますか?ひとえに水素水サーバーと言っても、水を電気分解して水素を発生させる「電極分解方式」や、水素ガスと水をサーバー内で混ぜて水素を生成する「バブリング(気体飽和)方式」があります。

電気分解方式は、水道に直結できるタイプなので、水道水を直接使えるためコストが安いというメリットがあります。その反面、水素水がアルカリ性になりやすく成分が安定しにくい、濃度が低くなりやすいといったデメリットも持ち合わせています。

一方、バブリング方式は、水素が抜けにくく、安定して高濃度の水素水を生成できるというメリットがありますが、コストが割高になります。

どちらのタイプを選ぶにしても機種によって生成方法や水素濃度、利用する水が違います。

また、レンタルか購入かによっても価格が違ってきますので、サーバー型水素水は、アルミパウチ水素水やサプリメントなどよりも、商品選びにより知識が問われることになります。

サーバー型水素水のメリット・デメリット

サーバータイプのメリットは、簡単に水素水が生成でき、作りたての水素水がいつでも手軽に飲めるということ。

アルミパウチは一度開封すると水素の含有量は徐々に低下するため早めに飲みきらなくてはなりませんが、サーバータイプならその都度飲みきれる量を出せばよいので効率的です。

デメリットとして挙げられるのは、やはりコストがかかるということ。

購入の場合は約20万円、低価格のものでも10万円は必要になります。レンタルする場合も、月々サーバーレンタル代だけで2000円近くかかりますし、そこから水代が上乗せされるので決して安くはありません。

ただし、家族でたくさん水素水を飲みたいというケースであれば、市販品を購入するよりもサーバータイプの方安くなるのでおすすめです。

サーバー型水素水のおすすめ商品はコチラ!

アルピナウォーター+水素水キット

アルピナウォーターのレンタルサーバーに水素キットがついたレンタル。バブリングタイプです。

月額1,600円程度のレンタル代で高濃度の水素水を手軽に飲めるのが魅力です。コックを押せばすぐに作りたての水素が出てくるので手軽ですし、お子さんも自然と水素水を飲む習慣が身に付けられそうですね。

アルピナウォーター+水素水キットについて公式HPで詳しく>>


水素サーバールルド

水道水を使用して水素を生成する電気分解方式。水素濃度1.0ppmが12時間持続できるほか、追いだき機能もついているため温かい飲み物を作る際にも手軽に水素水を活用できます。

また水素水だけでなく、オゾン水の生成も可能。殺菌力が高いので手洗い・うがいには最適です。初期費用はかかりますが、3年間で約49万円もお得になるというデータも出ています。

水素サーバールルドについて公式HPで詳しく>>


アクティブビオⅡ

水素電気分解方式の水素水のなかではトップクラスの1.0ppmの水素濃度を実現。不純物や雑味をろ過する高性能フィルターがついているため、カートリッジの取り替えは年1回のみ。

水道水の蛇口に直結できるので飲料はもちろん、野菜を洗ったり、洗顔に使ったり、料理に使ったり、さまざまな活用法を楽しめます。

アクティブビオⅡについて公式HPで詳しく>>

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ