HOME » どのタイプがいい?水素水の選び方 » スティックタイプ

スティックタイプ

スティック型の水素発生器で水素水を生成する、水素スティックの特徴や、メリット・デメリットをまとめました。

水素スティックの特徴

水素スティックは、マグネシウム入りのスティックを水に入れて水素水を作る製品。水素スティックは自宅で手軽に作ることができ、生成したばかりの水素水を摂取できるのが最大の特長。しかも、アルミパウチ水素水よりも安価かつ高濃度です。

アルミパウチは500mlで200~300円ほどの金額なので、毎日1本飲んだ場合は月額6,000円程度になります。一方、スティックタイプは1本1ヶ月程度もち、月額1,500円程度とかなり割安です。そのため、「安くて経済的」という理由で選ぶ方が多いようです。

しかし、安い割にはいまいち浸透していないのがスティック水素水の現状。その理由として、スティック水素水はマグネシウムと水を反応させているため、「飲んだ時に金属臭がする」など味に抵抗があって続かない方が多いのです。

また、マグネシウムは便秘薬にも含まれている成分なので、人によってはお腹をくだしてしまうことも…。下痢が続くようであれば使用をひかえましょう。

また、スティックをいれてから濃度が上がるまでに時間がかかるので、待ち時間も発生します。人によって合う・合わないがはっきり分かれるのがスティック水素水の特性かもしれませんね。

水素水スティックはメーカーによって耐久性や水素濃度、水素発生時間が異なるため使いやすさと商品への信頼性を重視して選ぶのが鉄則です。なかには、半年使用できると謳っていながら数ヶ月しか効果が持続しないような製品もあります。十分に比較してから製品を選んでくださいね。

スティック型水素水のおすすめ商品はコチラ!

ドクター・水素水

1本につき2リットルの水素水を生成した場合、約6ヵ月間使えるので高コスパ。従来品よりも品質がグレードアップし、不純物を除去するゼオライトS、体の調子を整える医王石Sなどの注目成分を配合し、水素の効果をより引き出せる設計にしているそうです。味も以前よりおいしくなったと好評です。

ドクター・水素水について公式HPで詳しく>>


ぷら水素

水と反応すると水素を発生させる、特許取得のセラミックボールが入った水素水スティック。セラミックボールのなかには、水素のほかにもシリカ、カルシウム、ナトリウム、カリウムなど、美容や健康維持に欠かせないミネラル成分も含まれています。

水素生成時間が2時間と他製品に比べて短い時間で生成できるのも魅力。

ぷら水素について公式HPで詳しく>>

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ