HOME » 水素水の種類 » 過酸化水素水

過酸化水素水

健康や美容に良いと言われ、飲料水のなかでもとりわけ注目を浴びている水素水。しかし、過酸化水素水は普通の水素水と同じように飲むことはできません。過酸化水素水と普通の水素水は何が違うのか、解説します。

過酸化水素水とは

過酸化水素水と聞くと仰々しいイメージがありますが傷の消毒で使われるオキシドールは、この過酸化水素水を3%にしたもの。理科の実験で使ったことのある方も多いのではないでしょうか。

このように、過酸化水素水は健康飲料として飲まれている水素水とは性質が異なるため、飲むことはできません。

むしろ、強力な酸化剤で消毒や殺菌に使われているもので、過酸化水素に触れた皮膚は炎症を起こしてしまうほどの強い殺菌力を持っているので、取り扱いには注意が必要です。

医療用の漂白剤に使われている

また、過酸化水素水は汚れを分解する働きもあり、酸素系漂白剤では過酸化水素水を主成分とします。

過酸化水素水は、無色透明なので生地が色落ちするリスクが少なく、洗濯しても生地が傷みにくいという特徴があり漂白剤として重宝されています。炭酸マグネシウムと一緒に使うと黄色のシミも綺麗に落ちるそうですよ。

生地の種類では絹やレーヨンなどのデリケートな生地の漂白に向いているそうで、実際に、クリーニング店ではシミ抜きをする際に過酸化水素水を使用しています。

この過酸化水素水を使って、家庭用の染み抜き剤を自分で作ることもできます。

2倍の量の水で薄めた過酸化水素水をスプレー容器に入れて、そこにアンモニア水を5敵ほどたらし、軽く振るだけで簡単に作れるので、試してみてはいかがでしょうか。

アメリカでは酸化療法に過酸化水素水が活用されている

アメリカでは、過酸化水素水がさまざまな治療法に活用されており、過酸化水素点滴治療なども存在します。

点滴治療の効果は、気管支喘息やウイルス・完成疾患、狭心症などさまざま。細胞の働きを活性化し、免疫力を高める働きが期待できるため、病気の治療や予防に役立っています。

日本ではまだ加水化水素水を使った治療を行っている医療機関は少なく、医療費も高額ですが近い将来、過酸化水素水の治療が身近に受けられる日が来るかもしれません。

過酸化水素水の注意点

過酸化水素水は、オキシドールのような濃度が薄いものなら危険性が低いですが、30%以上の濃度になると劇薬扱いになります。

高濃度の過酸化水素水が皮膚につくと激痛をともない、皮膚が白くなってしまいます。

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ