HOME » 水素水の種類 » 還元水素水・高濃度水素水

還元水素水・高濃度水素水

水素水の商品リサーチでよく見かける「還元水素水」「高濃度水素水」の意味について解説します。

還元水素水とは

水素水を調べていくと「還元水素水」という言葉を見かけると思います。

還元水素水とは、分かりやすく言うとアルカリイオン化した水素水のこと。水素がマイナス側の電位に集まるという特性を利用し、水を電気分解することで水素を溶け込ませたものです。

還元水素水は、水道やミネラルウォーターから作ることが可能で、サーバーやスティックタイプの水素生成器を用いて作ります。

軟水を使えば軟水の水素水が、硬水を使えば硬水の水素水ができるため、好みの水を選んでくださいね。

還元水素水の特徴や効果

還元水素水は、いわゆる水素水の特徴である活性酸素を除去する作用を持っています。日常のストレスや疲れ、生活習慣の乱れにより増える活性酸素自体の抑制や、発生した活性酸素の無害化に働きかけます。

身体のサビつきの原因となる活性酸素が抑制できるので、老化を遅らせたり、病気を防いだり、さまざまな健康効果が期待できるのです。

厚生労働省でも、「還元水素水が無害であること」、「胃腸症状の改善効果が期待できること」を認めています。安心して飲めるというのも、メリットのひとつです。

水素がたくさん含まれている高濃度水素水

また、水素の呼び方の1つに「高濃度水素水」という水素水もあります。呼んで字のごとく、高濃度の水素水であるはずなのですが、「高濃度」と謳っていても、実際の水素含有量はそこまで多くないものもあるので注意が必要です。

水素の濃度は「ppm」と言う単位で表します。水素は充填してから空気に触れるとたちまち抜けていくため、高濃度水素水といっても1.0~1.57ppm程度の含有量しかないものもあるのです。しかし、濃度の高い水素水だと、水素充填時に2ppmという製品もあります。

いずれにしても空気に触れた瞬間に濃度が落ちるという説もありますので、できるだけ高濃度で密封度も高いものを選ぶようにしましょう。

水素水の呼び方として、ほかにも「活性水素水」という言葉がありますが、活性水素水も還元水素水も高濃度水素水も特別な違いはなく、どれも活性酸素と戦うという水素の特性を持っています。

あえて、還元水素水の特徴を述べるならば「還元水素水はカルシウムイオン、ナトリウムイオンなどが水素と一緒に入っている」というくらいで、効果も効能も変わらないため安心して摂取してください。

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ