HOME » 水素水の種類

水素水の種類

水素水の名称としてよく見かける「還元水素水」「活性水素水」などは、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を解説しながら比較したいと思います。

水素水の種類どこが違うの?

水素水を調べていると還元水素水や高濃度水素水、活性水素水など色々な名称をよく見かけます。でも、水素水は無味無臭ですし、例え飲み比べたとしても違いはよく分かりません。

結論から言うと、これらに大した違いはないのです。名称が違うだけで水素水として変わりはないので、さほど気にする必要はないでしょう。

それではなぜ、効果には差がないのに名称が分かれているのでしょうか。以下にそれぞれの特徴を簡潔にまとめてみました。

還元水素水・高濃度水素水

還元水素水はアルカリイオン化した水素水。サーバーやスティックタイプの水素生成器で作ります。活性酸素の発生を防いだり、水素に還元して無害化したりする作用を持っています。

そのなかでも、特に水素の含有度が高いのが高濃度水素水です。高濃度と一口に行っても1.0~2.0ppmまで製品によって濃度はさまざまなので含有量をしっかりチェックしましょう。

活性水素水

還元水素水と同様、マグネシウムなどの金属を原料としたスティックを水に入れたり、マイナスの電圧をかけることで作る水素水です。通常の水素の分子状態(H2)とは異なり、原子単体で存在する水素(H)のことを指します。

水素研究をしている教授の間では、活性水素水の「効果がある派」と「効果がない派」に分かれているようですが、体に害を及ぼすすべての活性酸素に有効だという説もあります。

過酸化水素水

過酸化水素水は、傷の消毒に使うオキシドールと同じもの。還元水素水と活性水素水は飲めますが、過酸化水素水は「水素水」と名前が付いているものの、飲むことはできません。

高濃度の過酸化水素水は強力な殺菌作用を持っているため、摂り扱いには注意が必要です。濃度を低くしたものは衣類の漂白剤に使われています。

水素の濃度を表す単位と含有量

水素水は、一般的に濃度の高さに比例して効果が得られると言われています。でも、水素の濃度と言われてもピンと来ないですよね。

水素の濃度は「ppm(ピーピーエム)」という単位で表します。1ppmは、1リットルの水に1mgの量になります。

水素水が出始めた頃は、水素水の濃度は1.57ppmが限界という説が有力視されていましたが、技術が進化し、今では1.6ppmを上回る水素水も登場しています。

いずれにしても、空気に触れた途端たちまち抜けてしまうため、開封したらすぐに飲み切るようにしましょう。

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ