HOME » ニセ科学?水素水の最前線に迫る » 医療現場での活用

医療現場での活用

水素水の効果は多くの医師や医療機関の研究によって立証されています。今では水素水を治療の一部に活用している医療機関も増えていますし、今後はさらに水素水の活用が期待されています。水素水によって改善された病気の事例や、最新の臨床結果をまとめました。

今、医療業界で水素水が脚光を浴びている理由

水素水は、細胞をサビつかせる原因となる「活性酸素」を除去する力に優れている、抗酸化物質。

約90%の病気の原因は活性酸素が関係していると言われているため、活性酸素を除去する抗酸化物質に期待が寄せられています。しかし、ポリフェノールやビタミンCといった抗酸化物質は分子が大きいので、細胞まで行き届くことは困難なのです。

ところが、水素は宇宙一分子が小さいため、体の隅々まで行き渡り、活性酸素を除去して無害な水に還元することができます。だから、今、水素水の力が注目されているのです。

水素水の効果については「医学的根拠に乏しい」という意見もありますが、2007年5月には全マスコミに紹介された医学会で承認されて以来、実に350もの論文が世界各国から発表されています。

もちろん、日本でも東京大学をはじめとする有名大学で水素の臨床試験や研究が進められていますし、水素が「ニセ科学」とは言い難いのではないでしょうか。

臨床試験でも明らかになっている水素水の効果

実際に、水素水はさまざまな臨床試験が行われています。

アルツハイマーと水素水

アルツハイマー型認知症は、脳の神経細胞が変性・減少することで発症する病気です。その神経細胞を傷つける原因とされる活性酸素の除去に、水素が有効であったというデータが出ています。

日本医科大学大学院太田教授がマウスに行った実験によると、マウスの神経細胞が回復して記憶力の低下を防ぐ効果が認められたそうです。

がんと水素水

がん細胞のなかには活性酸素が多く存在していることから、水素水ががんの進行を抑制できるのではないかと着目し、複数の研究グループが研究を行っています。

2008年には、広島県立大学の研究グループが舌癌を、九州大学の研究グループは肺腺癌細胞の研究を行い、どちらも水素水が癌の進行を抑制することを発見しています。

どちらも細胞レベルでの研究なので臨床に応用できる段階ではありませんが、水素水の抗がん作用には高い期待が寄せられているのです。

パーキンソン病

パーキンソン病は、脳の黒質にある神経細胞が変質・脱落することにより起こる病気です。その原因のひとつに活性酸素の増殖が挙げられており、活性酸素を除去する働きをもつ水素水が注目されています。

順天堂大学が行った実験では、パーキンソン病患者に水素水を48週間に渡り飲んでもらったところ、症状スコアの改善が認められました。

このように、水素水はさまざまな臨床試験によってその驚くべき効果が証明されてきています。

医療の現場に取り入れられるまでにはまだ時間がかかりそうですが、副作用がなくあらゆる病気の症状改善が期待できる水素水。引き続き目が離せませんね。

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ