HOME » 水素水の飲み方・使い方・作り方 » 水素水を自分で作るには?

水素水を自分で作るには?

話題の水素水は自宅で作るという方法もあります。水素水の作り方や注意点などをご紹介します。

水素水スティックとは?

最近話題の水素水。ペットボトルやパウチ型など、さまざまな形状の商品が発売されていますが、自宅で簡単に水素水を作る方法があるのをご存知でしょうか。

水道水から水素水を作る方法は大きく3つ。

1つ目は、水素水作成キットを使う方法。2つ目は、水素水サーバーを活用する方法。3つ目は水素スティックを水に浸して水素水を作る方法です。

このなかでも最も手軽で実用度が高いのは、水素水スティック。

ペットボトルなどに水素水スティックを入れておくだけで、簡単に水素が発生するのでとても便利です。でも、一般的な水素水に比べてデメリットもあるので、その性質をよく理解しておくことも必要です。

水素水スティックのメリット・デメリット

水素水スティックは、マグネシウムが入ったスティックです。マグネシウムと水が化学反応を起こすと水素が発生するという性質を活かした製法で、このやり方で作った水素水には、水素だけでなく水酸化マグネシウムが含まれていることになります。

水酸化マグネシウムは、便秘薬に使われる成分なので、人によっては下痢を引き起こす恐れもあるので気に留めておきましょう。

水素水スティックのメリットは、1リットルあたり20円程度と安価であること。しかし、水素水の濃度は「高濃度」と謳われる製品でも0.8~1.2ppmなので通常の水素水に比べると濃度は落ちます。

それに、ある程度の濃度の水素水を作るとなると、8時間以上もかかってしまうというデメリットもあります。

水素水スティックのメリット

水素水スティックのデメリット

水素水スティックはお手軽度が高い反面、デメリットもあります。

現在は、さまざまなタイプの水素水スティックが売られていますので、水素濃度や生成時間の違い、特徴などをよく比較してみると良いでしょう。

なかには飲用に不向きなものもあるので注意してくださいね。

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ