HOME » 水素水の飲み方・使い方・作り方 » 水素水の効果的な飲み方

水素水の効果的な飲み方

健康にも美容にも良いとされる水素水ですが、普通の水のように飲んでも問題ないのでしょうか?また、水素水を飲むタイミングは?摂取を控えた方がいい時、控えた方がいい人がいるのかなど、水素水の効果的な飲み方についてお話します。 

水素水を飲むタイミング

水素水は薬ではないので、飲む量や時間は決まっていません。

普通のお水のように、好きな時に好きな量を飲んでもなんら問題ありませんが、水素水ならではの効力である「活性酸素」を除去する作用を活かすには、「活性酸素が発生しがちなタイミング」で飲むのがおすすめです。

水素水は一度に大量摂取しても意味がない?

水素水は上記のような時に飲むとより効果を得られやすいですが、水素は体内にストックしておけない物質なので、大量に摂っても排出されてしまいます。体内に大量に摂りこむためには、回数を分けてこまめに飲む方が良いでしょう。

1日1回飲むのであれば、活性酸素が発生しやすい朝に飲むのがおすすめです。

水素水の濃度にもよりますが、1日あたり1~1.5リットルを目安に飲むといいでしょう。

水素水を飲んではいけないケース

水素水は、厚生労働省から認可を受けている食品添加物で、基本的には大量に水素を摂っても副作用が起こる心配はありません。ですから、子供からお年寄りまで安心して飲めるお水です。

ただし、なかには体質的に合わない人もいるようです。これは、一般のどの食品にも言えることではありますが、水素水を飲んだ後に「体がむくむ」「ふきでものがでる」「お腹がゆるくなる」などの場合は、水素水が体に合っていない可能性もあります。

念の為、はじめて水素水にチャレンジする人は、飲んだ後の体調や体質の変化など、体のサインを見逃さないようにしてください。

ただし、転んだ時にあざができるように、体の悪い部分を修復しようとする反応である可能性もあります。あまり神経質になり過ぎず、水素水の良さが実感できる一定期間飲んでみるというのも手です。

そのほか、人工透析をしている方や水の摂取量に制限が設けられている方は、医師に相談の上で飲むようにしましょう。

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ