HOME » 水素水の飲み方・使い方・作り方 » 使い方3.お風呂に!

使い方3.お風呂に!

水素医学研究の第一人者である日本医科大学の太田教授が絶賛する「水素入浴」の効果やメリットについてご紹介します。

水素水をお風呂に入れるメリット

水素水は飲んで摂取するのが一般的ですが、水素を取りこむ有効な方法として最近注目されているのが「水素入浴」です。

水素入浴はその名の通り、お風呂の中に水素水を入れるというもの。「水素風呂」と呼ばれることもあります。

水素の分子は宇宙一小さいと言われているため、ほかの物質では入りこめない細胞の隙間に入っていくことができます。つまり、水素水の入ったお風呂に入ると皮膚呼吸によって水素が吸収されていき、肌の奥まで浸透していくのでダイレクトに細胞に行き渡るのです。

また、水素水は疲労のもととなる乳酸の発生を防いだり、新陳代謝を促したりする働きもあるため、疲労回復にも効果的。血管を広げて血の巡りを活発にさせる効果も期待できるので、冷え・むくみの解消にもおすすめです。

水素といえば、活性酸素を除去する作用が特徴。活性酸素を除去するということは炎症の早期改善も見込めるそう。ケガによる炎症はもちろん、ニビキや吹き出物に悩まされている時などにも良さそうですね。

女性にとって嬉しいのが、肌がツルツルになるということ。水素入浴をすると肌がきれいになり、すべすべとした肌さわりになるほか、水素水で髪を洗うとしっとりとした洗い上がりになります。水素水は肌の老化防止にも貢献してくれるのです。

水素入浴の仕方

水素入浴には2つの方法があります。ひとつは、水素入りの入浴剤を使う方法。もうひとつは、水素を発生させる器機をお風呂の中に入れて、お湯の中で水素を作る方法です。

入浴剤は手軽ですが高額なので、毎日使用するとなるとかなりの高額出費になってしまいそう。水素を発生させる装置は高額ではありますが、1度購入してしまえばずっと使い続けられると言うメリットがありますし、入浴剤のようにストックを気にしたり、買い足したりする煩わしさがありません。

どちらにしても、無理なく続けられるものを選んでくださいね。

製品により違いはあると思いますが、水素は湯船に入れてから10分以上経たないと水素が発生しないので注意しておきましょう。

中には水素の効力が短いものもあるので、家族で順番にお風呂を利用するというご家庭は、水素の持続時間も考慮しておくと良いでしょう。

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ