HOME » 水素水の効能を特集!改善を期待できる症状は? » 糖尿病

糖尿病

水素水は糖尿病の改善効果もあるとして、高い期待が寄せられています。多くの研究者や医療機関が臨床試験を行った結果、驚きの効果が…!水素水と糖尿病の関係性を分かりやすく解説します。

糖尿病の診断基準と血糖値が上がる原因

生活習慣病のなかでも深刻度が高い糖尿病。昔は存在しなかった病気と言われていますが、今やその発症者数は増加の一途をたどり、減少する兆しはありません。

厚生労働省の調べによると、日本国内では糖尿病の疑いがある人は950万人にものぼり、糖尿病の予備群においては1,100万人もいると推測されています。

糖尿病の診断基準となる血糖値は、血液中のブドウ糖の糖度を表すもので、血糖値の検査を行う際には、前日の21時から絶食し、翌日、空腹の状態にしてから測定します。その値が、110mg/dl未満の場合は正常、126mg/dlだと糖尿病と診断されます。もしくは、空腹時のみならずいつ検査しても200mg/dlある人も糖尿病とみなされます。

糖尿病が起こる仕組み

そもそも、糖尿病とは、すい臓のβ細胞から分泌されるホルモンの一種、インスリンの分泌量が不足しているか、もしくはインスリンが正常に機能せず、血液に含まれているブドウ糖の値や血糖値が下がらなくなってしまう病気です。

インスリンは、血液中の糖を体脂肪として取りこんで血糖値を下げる役割を果たしていますが、インスリンの分泌が不足すると血糖値のコントロールができず血糖値が高いままになってしまうのです。

しかも、インスリンを作り出す場所であるすい臓は活性酸素に非常に弱く、活性酸素が増えるとインスリンの分泌量も減ってしまいます。活性酸素が増えることでブドウ等を取りこめなくなってしまうことも、高血糖を引き起こす要因となります。

現在、糖尿病は、すい臓のβ細胞の機能不全が原因と考えられており、すい臓のβ細胞の負担を軽減することが糖尿病の改善に有効だと認識されています。

すい臓のβ細胞の負担を軽くするためには、β細胞に入りこんだ活性酸素を取り除く必要があります。

水素水が糖尿病の改善・予防に有効である理由

その役目を担う存在として注目されているのが水素水です。水素は、活性酸素を水に還元する働きがあるため、傷ついてしまったβ細胞を保護し、インスリンの分泌を促してくれます。そして、血糖値を下げる効果が期待できるのです。

この働きは数々の臨床試験で証明されており、糖尿病予備軍の人に水素水を飲んでもらい糖負荷試験を行ったところ、8週間で血糖値が正常に戻ったという驚きの結果も報告されています。このレポートの発表を機に、糖尿病患者に水素水を勧める医師や医療機関も増えているそうですよ。

水素水と一口にいっても、さまざまなタイプがありますが効果が期待できるのは、やはり高濃度の水素水。そして、水素は空気に触れると抜けてしまうためしっかり密封されているパウチタイプを選ぶようにしましょう。

>>アルミパウチ型でおすすめ水素水を比較チェック!<<

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ