HOME » 水素水の効能を特集!改善を期待できる症状は? » アトピー・アレルギー

アトピー・アレルギー

アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー疾患の症状改善や体質改善にも期待が高まっている水素水。アトピーの新しいケアとして水素水は仲間入りするのでしょうか?効果・効能やメカニズムを調査しました。

アトピー性皮膚炎の元凶

アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患は「文明病」と言われています。発症者は年々増えているのにはっきりとした原因や治療法が確立されていない、非常に厄介な病気です。

特に、子供に多いのがアトピー性皮膚炎。肌のバリア機能が低下するので、ちょっとした刺激でかゆくなり、かきむしってしまい、肌がボロボロになってしまう子も少なくありません。

アトピー性皮膚炎で陥る悪循環

アトピー性皮膚炎の原因は、大気汚染やハウスダスト、ストレス、食生活の乱れ、紫外線などが考えられており、現代の環境が大きく関わっています。

また、上記の原因はすべて活性酸素を増やす条件とも一致しているので活性酸素が深く関わっているという説も有力です。そして、アトピー性皮膚炎の人は、次のような悪循環に陥っている可能性があります。

活性酸素が増えると炎症が起こりやすくなり、炎症が起こるとヒスタミンというかゆみを引き起こす物質がどんどんかゆみを引き起こし、そこに追い打ちをかけるように活性酸素が大量に発生します。活性酸素は細胞を壊していくので炎症が広がり⇒かゆくなる⇒かきむしる⇒炎症が広がるという悪循環に陥ってしまうのです。

活性酸素が増えると抵抗力が弱まり、肌のバリア機能が低下してしまうのでちょっとした刺激にも敏感に反応するようになります。また、アトピーの場合は大量に活性酸素が発生するので、普通の人であれば反応しない花粉やハウスダストも「敵」と判断し、さらに炎症を引き起こしてしまうのです。

アトピーに対する水素水の効果・効能

このような負のスパイラルを抑えるために活躍するのが水素水です。

水素水は、アトピーの元凶である活性酸素を除去する力があり、体の至る所にある細胞に入り込んで活性酸素を除去し、水に還元して体外に排出します。活性酸素が少なくなれば炎症が起こりにくくなりますし、炎症が起こっても症状を軽減することができるのです。

水素水の炎症抑制効果は医学的にも証明されていますし、根本的な改善をのぞむ人には救いの神となるかもしれません。

アトピー性皮膚への効果を実感するためには水素濃度の高い水素水を選ぶ必要があります。最近は、多くのメーカーが水素水を販売していますが、なかには低濃度の水素水もありますし、水素が抜けやすい容器を使っている商品もあります。密封度の高いアルミパウチかつ、高濃度の水素水を選ぶようにしましょう。

>>水素濃度の高いおすすめ水素水を比較調査しました<<

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ