HOME » 水素水の効能を特集!改善を期待できる症状は? » 認知症・パーキンソン病

認知症・パーキンソン病

美容や健康に良いと言われる水素水は認知症やパーキンソン病といった脳の病気にも効果があると言われています。水素水とパーキンソン病の関係性など、研究結果を交えて解説します。

そもそもパーキンソン病ってどんな病気?

パーキンソン病は、主に40~60歳代に発症する病気。脳の黒質にある神経細胞が変性・脱落し、脳の神経伝達に異常が生じることで起こると言われています。本来は、黒質という場所から分泌されるはずのドーパミンの分泌量が減り、脳からの指令が届かなくなってしまうのです。

そして、手足のしびれ、筋肉のこわばり、低血圧、排尿障害、発刊障害、性機能低下、睡眠障害、物忘れといったさまざまな症状が現れるようになります。また、合併症として認知症を発症するのもパーキンソン病の特徴です。

「活性酸素による神経細胞の破壊」が発症原因の有力説に

パーキンソン病の原因やメカニズムはまだ完全解明されていないものの、多くの研究により発症に関係するものというのが徐々に突き止められてきています。

そのひとつが、活性酸素。脳の神経細胞が活性酸素によって破壊され、パーキンソン病が発病するという説です。活性酸素は、ストレス、激しい運動、紫外線、大気汚染、不規則な生活習慣など、さまざまな原因により発生します。

そして、その活性酸素の抑制に「水素水」を使うという研究が進んでいるのです。活性酸素の抑制・除去にはポリフェノールやビタミンCなどの抗酸化物質が有効ですが、これらは分子が大きく脳細胞まで到達できません。

しかし、宇宙一分子の小さい水素であれば、脳の細胞にまで浸透し、活性酸素を除去できると考えられています。それに、悪玉活性酸素だけを選んで除去してくれるので、予防効果にも高い期待が寄せられています。

水素水とパーキンソン病の臨床試験

水素水のパーキンソン病への有用性は、臨床試験でもしっかり結果に残っています。

2009年に九州大学大学院とパナソニック電工グループが行った実験では「パーキンソン病の予防・治療に水素水が有用である」と報告しています。

この実験では、パーキンソン病を発病させたマウスを、水素水を飲ませるグループと通常の水を飲ませるグループにわけて結果を比較した試験で、水素水を飲んだマウスはパーキンソン病の特徴である神経細胞の減少が顕著に抑えられていたそうです。

また、神経細胞の変性・脱落の原因となる活性酸素の生産量やDNAの損傷の抑制効果も認められました。この研究は米国の科学誌「プロスワン」に掲載され、世界的にも注目を浴びました。

2010年~2011年にかけて順天堂大学医学部の研究チームが行った実験では、パーキンソン病患者への有用性が報告されています。この試験は、パーキンソン病の患者に48週間水素水を毎日1リットル飲み続けてもらうという内容です。普通の水を飲んだ人に比べると、水素水を飲んだ人はパーキンソン病のスコアに改善がみられたそうです。この実験では、マウスではなく人に対しての効果検証なのでパーキンソン病治療に大きな期待が持てそうですね。

水素水は薬ではないので副作用の心配もなく無害。脳を元気にしてくれる水素水は、パーキンソン病や認知症の予防・改善に役立つ新たな治療法として注目されています。

水素水はさまざまな種類がありますが、より高い効果を得るためにもできるだけ濃度の高い製品を選ぶようにしましょう。また、水素は空気に触れると気化されやすいので容器がしっかり密封されているアルミパウチがおすすめです。

パーキンソン病の改善に必要な水素水の濃度とは?

水素水がパーキンソン病の改善に役立つということは分かりましたが、ここではもう少し踏み込んで実際に水素水を摂取する際のポイントについて詳しく見ていきます。

濃度は0.08ppm~1.6ppmを目安に!

水素の濃度が0.08ppmでも効果は十分実感することができます。つい高濃度の水素水を選んでしまうかもしれませんが、仮に濃度が高かったとしても飲む時には水素が抜けてしまうので、結局濃度は他のものと変わらないくらいになってしまいます。
わざわざ高いお金を出して高濃度の水素水を買うよりは、手頃な値段でしっかりと水素を取り入れることができる商品を選びましょう。

水素水は飲み続けるのがポイント

水素水の効果はすぐに実感できるわけではありません。最低でも8週間以上はかかります。
パーキンソン病の症状を緩和する目的で摂取するのであれば、これまでの研究データを元に推測すると、48週間以上は飲み続ける必要があります。

必要水分量の計算方法

水素水はたくさん飲んだからと言って効果がアップすることはありません。体内に悪玉活性酸素がなければ、水素水はそのまま体から抜けてしまいます。
水素水の1日の摂取量は、計算式で導き出すことができます。どのくらい飲んだらいいのか分からないという人は、自分の1日の必要水分量を計算してみましょう。

【高齢の方】

『体重(kg) × 20~30cc = 1日の必要水分量』

例:体重50kgの場合は、50kg × 20~30cc = 600~900cc

【一般成人の方】

『体重(kg) × 35~50cc = 1日の必要水分量』

例:体重50kgの場合は、50kg × 35~50cc = 1050~1500cc

これを見て分かるように、成人であれば1日に約1リットルの水分を摂取する必要があるということになります。

パーキンソン病の改善に役立つ水素水・関連商品紹介!

パーキンソン病の改善に水素水を利用するのであれば、できるだけ効果を得られるものを選びたいですよね。そこで、パーキンソン病の改善に役立つ水素水商品をご紹介したいと思います。

サラスバ

《価格》

10,500円(税込) (500ml×30本)

※ただし、初回購入なら500ml/1本あたり198円

《おすすめポイント》

アキュエラブルー

《価格》

306,720円(税込)

《おすすめポイント》

H4O-600mV

《価格》

人用・・・8,100円(税込) (230ml×15本)

ペット用・・・8,100円(税込) (100ml×30本)

《おすすめポイント》

 

>>アルミパウチ型のおすすめ水素水が分かる比較調査結果はこちら<<

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ