HOME » 水素水の効能を特集!改善を期待できる症状は? » 高血圧

高血圧

美容・健康維持に役立つとして人気が定着している水素水。万病の元と言われる高血圧予防や改善にも効果を発揮します。水素水と高血圧改善の関係やメカニズムをまとめました。

高血圧とは

生活習慣病のひとつであり、心疾患や脳疾患などの深刻な病を引き起こす高血圧。自覚症状がなく、脳卒中や心不全、肝不全などの命に関わる病気を発症するリスクが高いという、非常に厄介な病気です。

高血圧は、最高血圧が140mmHg以上、または、最低血圧が90mmHg以上の場合をさします。血管に常に圧力がかかっている状態なので、血管は次第にもろくなり、ダメージが蓄積されていくと脳梗塞やくも膜下出血、心筋梗塞などが起こります。このような病気にならないためにも、高血圧は早期発見と適切な対処が必要となります。

高血圧はなぜ起こる?

そもそも、高血圧になりやすい人というのは、塩分や油っこい食べ物の摂り過ぎ、喫煙習慣、乱れた食生活を摂るなどの傾向があり血液はドロドロになっています。そして、血液の中に活性酸素が発生し、増えた活性酸素が不飽和脂肪酸と結び付くと「過酸化脂質」という物質になります。これが血栓です。

もろくなった血管は固くなってしまうので血栓が血管内につまりやすく、血液を堰止めてしまう危険が高まるのです。この血栓が、脳梗塞や心筋梗塞の引き金となります。

脳梗塞や心筋梗塞も、高血圧が元となりますから、しっかり血圧を管理していくことが大切です。

この、血圧の管理に役立つのが水素水。水素水は活性酸素を防ぐ働きがあるので高血圧の予防に最適。血管内の活性酸素を水素の力で水に還元することで、血液をサラサラにし、血流をスムーズにします。

臨床試験結果

高血圧に対する水素水の効果は臨床試験でも実証されています。2007年~2009年にかけて行われた臨床試験では、高血圧の症状があり、人口透析を行っている患者を対象に水素水を飲用した結果、透析後の血圧が正常値となった人が20%から60%にも増えたそうです。

水素水の効果が病気の治療に使われる日もそう遠くはないかもしれませんね。

ちなみに、市販の水素水を選ぶ時は低濃度の水素水を飲んでも効果が期待できないので要注意。水素水を選ぶ時は、濃度が高く、アルミパウチなどしっかり密封されているものを選ぶようにしましょう。

>>アルミパウチでおすすめの水素水比較まとめ<<

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ