HOME » 水素水の効能を特集!改善を期待できる症状は? » ストレス・うつ病

ストレス・うつ病

優れたアンチエイジング効果を持つことで有名な水素水。ストレスやうつ病といった心のケアにも効果が期待できるのです。水素水がストレスケアに適している理由を解説します。

疲れやストレス・うつ病と水素水の関係

仕事や家事、育児と時間に追われて過ごす日々。休む暇もなく、体の疲労はもちろんのこと、気持ちの余裕までなくなってしまいストレスが爆発!という方も多いのではないでしょうか?

私たち人間は、ストレスを感じると「ストレスホルモン」という物質が分泌されます。そして、ストレスホルモンの一種である「コルチゾール」という物質が発生すると、細胞の老化を引き起こす「活性酸素」も一緒に作られてしまいます。

活性酸素は、正常な細胞やDNAを傷つけてしまったり、老化を早める原因になったりします。しかも、ストレスが起こると活性酸素を抑制する抗酸化ビタミン、ビタミンCも大量に消費されてしまうので、活性酸素はさらに大量に作られてしまうのです。

ほかにも、ストレスは活性酸素を増やす原因と言われる高血糖状態を引き起こしやすくなるという説も。このように、ストレスは活性酸素の温床となってしまいます。

精神的なストレスだけでなく、激しい運動をした時などにかかる負荷も体にとってはストレスとなり活性酸素を増やす要因となるため、疲労による酸化を抑えることが必要です。

活性酸素の悩みに水素水の活用がおすすめ

ストレスによって増えすぎた活性酸素を抑えるためには、水素水の活用がおすすめ。水素水は活性酸素の発生を防ぐだけでなく、すでに発生している活性酸素を無害な水に還元して体外に排出する働きを持っているからです。

また、ストレスは記憶力の低下も引き起こすことがマウスの実験で明らかになっていますが、水素水を飲ませたマウスと水道水を飲ませたマウスに対して行った実験では、水素水を飲ませたマウスは著しく記憶力が高かったという結果が出ています。

つまり、水素水は記憶力の低下を改善したり、アルツハイマー型認知症の進行を防ぐ効果があるということなのです。

また、うつ病や摂食障害など精神治療を専門とする「ストレスケア日比谷クリニック」の酒井院長は毎日水素水を飲んでいるそうですが、「水素水を飲むと副交感神経が優位になり、抗うつ剤を使用した時と似た状態になる」といいう持論を展開しています。

同クリニックでは、実際のうつ病治療にも水素水を活用しており、「ぐっすり眠れるようになった」「重度のうつ状態が改善された」という患者さんもいるそうです。

細胞の酸化は、肉体的な老化だけでなく脳や心の老化も引き起こします。心も体も若々しくいるために水素水をぜひ活用してみてくださいね。

市販の水素水はたくさんの種類がありますが、続けられる製品を選ぶポイントは「濃度が高く効果が期待できるもの」「無理なく続けられるかどうか」です。自分に合った水素水を見つけて是非、毎日の生活に取り入れてみてください。

>>おすすめの水素水5商品を比較調査しました<<

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ