HOME » 水素水の効能を特集!改善を期待できる症状は? » 二日酔い

二日酔い

水素水は、二日酔いや悪酔い予防効果があることも明らかに。お酒を飲むのは好きだけど、悪酔いしたり、二日酔いになったりするのが恐い…と言う方は必見です。

二日酔いに水素水が効く理由

ハメを外してお酒を飲み過ぎてしまった次の日。二日酔いになると「二度と飲むものか」と後悔しますよね。

特に、日本人は白人や黒人に比べると、元々遺伝子的にアルコールに弱い人が多く、約45%の人がアルコールに弱い遺伝子を持っているそうです。

そもそも、二日酔いになる時、ならない時というのは何が違うのでしょうか。

二日酔いになるのは何故?

お酒を飲むと、アルコール成分が血液に混ざりこみ、肝臓に運ばれます。そして、肝臓でアルコールが分解される時に「アセトアルデヒド」という毒素が生まれます。

このアセトアルデヒドというのが曲者で、少量であれば腎臓などで処理されますが、アルコールを大量に摂取すると処理が追い付かず、全身にアセトアルデヒドがまわってしまうのです。

全身にアセトアルデヒドがまわると気持ちが悪くなったり、目が回ったりします。また、アセトアルデヒドは大量の活性酸素を作り出し、酸化ストレスをもたらして悪酔いを引き起こす元にもなります。

つまり、頻繁に二日酔いになっている人の体は、活性酸素だらけである可能性が大いにあります。

活性酸素はしっかり除去しないと老化や病気の原因になりますから、早めのケアが必要です。

お酒によって増えた活性酸素を攻撃!

そんな、お酒によって増えた活性酸素をやっつけてくれるのが水素水です。

水素水は、体に害を及ぼす悪玉活性酸素だけを選んで攻撃するので安心して飲めますし、アルコールを飲む前後はもちろん、焼酎やウイスキーを割る水として水素水を使うこともできるから非常に便利。

二日酔いの原因となるアセトアルデヒド自体を直接攻撃するわけではありますが、アセトアルデヒドの影響による酸化ストレスの害を軽減できるので、二日酔いのダルさや気持ち悪さを軽くすることができるのです。

水素水のアルコール分解能力、医学的な証拠も!

また水素水には、お酒を飲み過ぎた時に起こる脂肪肝を防いで、肝細胞を守る働きがあることもわかっています。

そして、アセトアルデヒドによって起こる酸化ストレスを取り除く「SOD酵素」という酵素を増やす働きも持っていると報告されています。

水素水は、ペットボトルやパウチ型、水素サーバーなどさまざまな種類があるので商品選びが難しいという方も多いと思いますが、高濃度かつ、濃度が持続するもの、飲みやすく続けられるものを選ぶようにしてくださいね。

お酒が好きな方はもちろん、お酒を飲んで気分が悪くなってしまう時や、体の調子がすぐれない時は、水素水を活用してみてはいかがでしょうか。

>>高い抗酸化力を持つおすすめ水素水を徹底比較<<

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ