HOME » 水素水の効能を特集!改善を期待できる症状は? » 不妊

不妊

体内の活性酸素の発生を食い止め、細胞の老化をとどめると言われる水素水。卵子や精子の老化防止にも効果があるそうで、不妊解消効果も期待されています。妊活中のカップルは必見です!

不妊に悩むカップルが増え続けているのはなぜ?

高齢出産が増えるのに比例して、不妊に悩むカップルも増え続けている今。実に7組に1組のカップルが不妊に悩んでいるというデータがあります。

20代では、妊活をはじめて数ヶ月で赤ちゃんを授かるケースも多いですが、年齢とともに妊娠率は下がり、高齢出産となる35歳以上になると妊娠が成立する確率はグンと下がってしまいます。

最近は、「二人目不妊」なんて言葉も耳にしますが、一人目の時よりも単純に年齢が上がっているため妊娠しにくい体質になっている可能性があります。

妊娠率の低下、それは卵子の老化が関係している

年齢とともに妊娠しにくくなる。それは、卵子も衰えてしまうから。卵子の数は、生まれた時から決まっていてはじめは約200万個あるのですが、1回の月経につき1000個減ってしまうのです。そして、30歳を過ぎると肌の衰えを感じ始めるのと同様に、卵子も機能が低下し妊娠しにくくなってきます。

卵子の機能が衰えてしまうのは、活性酸素の増殖も関係しているとみられています。卵子の住み家である卵巣は、卵子の酸化を防ぐために血液や酸素が通りにくくなっていますが、その一方で、酸化から保護してくれる抗酸化物質も届きにくいという側面もあるのです。

抗酸化作用が高いものとして、ルイボスティーなどもありますが卵巣までダイレクトに効果を届けるとなると難しいようです。

水素水は卵子の老化を防げる唯一の存在?

そこで、出番となるのが水素水です。水素水の分子は宇宙一小さいので抗酸化作用をもつほかの物質とは異なり、卵巣までしっかり到達することができます。そして、卵子の酸化を食い止め、機能を高めてくれるのです。卵子だけでなく、ホルモンも活発になるのでより妊娠しやすくなります。

水素水と不妊改善は医学的にも明らかになっています。水素水研究の第一人者である日本医科大学の太田教授が行った実験によると、流産しやすいようにした妊娠中のマウスに水素水を与えたところ、子供の数が4倍にも増えたという報告が上がっています。これはマウスの実験ではありますが、私たち人間にも効果が期待できますね。

ほかにも、動きの鈍い精子に水素ガスを拭きかけたら動きが活発になったという研究報告もありますし、妊活カップルにとっては期待が膨らみますね。実際に、不妊治療のひとつに水素入浴を勧めている医療機関もあります。水素水は、体にも無害なので試してみる価値はありそうですね。

水素水は、たくさん種類がありますがなかには濃度の低い、なんちゃって水素水もあります。妊活に水素水を活用するのであれば、高濃度の水素水を必ず選ぶようにしてくださいね。

>>公開!おすすめの高濃度水素水を厳選比較<<

持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ