HOME » 毎日チャージ!持ち歩けるおすすめ水素水ガイド

毎日チャージ!持ち歩けるおすすめ水素水ガイド

数ある水素水の中でも特に人気の高い5商品の実力を、水素含有率、抗酸化力の実験結果などを独自に調査し、比較しました。水素水特有の効果を実感できる商品は一体どれ…!?ブームがゆえに悪徳商品も存在するなか、本当に信頼できる水素水を選びたいという方は必見です。

クリスタル水素水

業界トップクラスの高濃度を実現した注目度NO.1の水素水。リピート率は95%を誇っています。日本名水百選に選ばれた熊本県白川水源の地下水を採水していて、「味がまろやか」「おいしい」と口コミでも高評価。2015年モンドセレクション金賞受賞で、品質の高さもお墨つきです。

クリスタル水素水
クリスタル水素水の実験前画像


クリスタル水素水の実験後画像

変色はほとんど見られず、新鮮な印象。実際、触れた時の弾力もあり、みずみずしさが顕著だった。

抗酸化力 ★★★★★ 変色はほとんどなく、実験前と見た目はほぼ変わらずリンゴのみずみずしさが残っていました。見た目も、触った時の感触も、今回実験した水素水の中では最も新鮮さが感じられました
水素含有率 1.8~2.5ppm 一般的な水素水は、充填時の濃度が1.6ppmほどですが、クリスタル水素水は水素充填前に水をSPGフィルターに通し、ナノ化することで驚異の水素濃度を実現。さらに、開封から8時間後でも約90%の水素が残ることが実験でも立証済み。

おすすめポイント

開封してから8時間後も約90%もの水素が残るので、一度に飲みきれなくても大丈夫。「加圧水素溶存法」という特殊な製法で、天然水の味をそのままに、おいしく飲めるよう工夫されています。抗酸化力の実験では最も変色が少なく、効果が最も期待できる製品です。


サラスバ

製造会社の社長自身が大病を患い、水素水を飲み奇跡的に回復したことから開発・販売に至った水素水。阿蘇山麓のミネラル豊富な地下水を使用しているので、美味しく飲みやすいと評判。メーカー直販だから製造から10日以内のフレッシュな水素水が届きます。

サラスバ
サラスバの実験前画像


サラスバの実験後画像

実験前と比べて、わずかに赤みが出ている程度。みずみずしさも残っている印象で、優秀と言えるレベル。

抗酸化力 ★★★★☆ 実験後は全体的にわずかに赤みが出ているような…? とはいえ、実験前と比較してようやくその差が分かる程度の変色でした。抗酸化力は申し分ないと言えます。
水素含有率 0.8~1.2ppm 一般的な水素水と比べて多くも少なくもなく平均的なラインと言えますが実験結果を見る限り、効果の保持力が高い印象。水素濃度の検査を毎日行うことで安定した濃度を維持しているようです。

おすすめポイント

水素水の品質チェックは毎日行っているそうで、水素濃度はもちろんのこと、水温、濁りの程度まで毎日一定回数以上の検査を行い、防虫対策も徹底することで品質を守っています。おしゃれなパッケージも人気です。


キヨラビ

水素水がブームになる前の2009年から水素水を販売している水素水の老舗。日本名水百選に選ばれた熊本県菊池市の天然水をナノ化した高濃度水素水で、まろやかな口当たりが評判。飲んだ瞬間からスッと体にしみこむような浸透力の高さを実現しています。

キヨラビ
キヨラビの実験前画像


キヨラビの実験後画像

実験前と比較して、一部が褐色化したものの、全体的にはほぼ変色を感じない印象となった。

抗酸化力 ★★★★☆ 実験前に比べると一部に褐色化が見られますが、全体として見ると変色はほとんどないと言えるレベル。「賞味期限まで1.2ppmの濃度を維持」と謳うだけあり、抗酸化力はまずまず。
水素含有率 0.8~1.2ppm 特殊なSPGフィルターで水をナノ化。加圧水素方式で水素を封入することで開封時に平均1.23ppmの水素濃度を維持し、賞味期限まで01.2ppmの含有量をしっかり維持できるように作られています。

おすすめポイント

特殊なSPGフィルターで水をナノ化することで、水素の浸透率をアップ。加圧水素保存方式という特殊な方法で圧力をかけて水素を入れるので、味や成分の変化がなく、まろやかな味わいが楽しめるというのも魅力。2009年の販売開始以来、根強い人気を誇っています。


ビガーブライトEX

2015年モンドセレクション金賞受賞。アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の認可も取得するなど品質をこだわり抜いた水素水。何千回という実験を繰り返したうえで、体に浸透しやすく抜けにくい製法にたどりついたという、こだわりの水素水です。

ビガーブライトEX
ビガーブライトEXの実験前画像


ビガーブライトEXの実験後画像

表面のザラつきがあり、しなびているのが見て取れる。ただし、変色は大きくないので評価できるレベル。

抗酸化力 ★★★☆☆ 実験前に比べると全体的に茶色の斑点がうっすらと生じていますが、パッと見では目立った変化はありませんでした。「48時間後も90%の水素残存率」を誇るだけあり、酸化をブロックできていうようです。
水素含有率 0.8~1.2ppm 充填時よりも開封時の水素濃度にこだわり、SPGフィルターでナノ化した水に水素を封入。エアムーブという独自の新技術を採用し水素の放散対策も強化することで高濃度を実現しています。

おすすめポイント

水素充填時よりも開封時の水素保存量に着目し、SPGフィルター+マイクロバブル製法で水素の抜けを最小限にとどめているのがポイント。開封後は、なんと48時間後でも90%の水素残存率も実現しています。


H4O-600mV

人はもちろん、犬や猫などのペットにも安心して与えられるよう不純物をすべて排除した水素水。犬や猫にとって大敵といわれるナトリウムは1リットルあたりわずか1.2mgと、最小限の量にとどめています。そのほかの不純物は一切含まれていない、安心・安全の水素水です。

H4O-600mV
H4O-600mVの実験前画像


H4O-600mVの実験後画像

形の崩れなどは見られないものの、少し劣化が感じられるか。ただし、触った感じはみずみずしさが感じられた。

抗酸化力 ★★★☆☆ 実験前に比べてうっすら茶色くなり始めていたものの、変色はほとんど進まず、触った感じでもみずみずしさが保たれていました。「-600mVの酸化還元電位」はどうやら本物のようです。
水素含有率 1.5ppm(充填時) 添加物や残留物を限界まで除去することで水素の力が発揮できるように作られています。開封時の濃度に関しては非公開ですが、飲みきりサイズなので水素が抜けないうちに摂取できるのが◎。

おすすめポイント

他の製品が天然水であるのに対して広島県の上水を使用していますが、残留物を徹底的に排除しているので安心して飲めます。一度で無理なく飲める飲みきりサイズだから子供やお年寄り、ペットがいるご家庭におすすめ。

実験結果から分かったことは?

パッケージに書かれている水素濃度。各社ほぼ横並びですが…
水素水は、一般的に水素濃度が高い程効果が期待できると言われています。ですから、各社はこぞって高濃度にこだわり独自の技術を開発し、今では開封時に1.0ppmを超える水素水は当たり前となっています。今回比較した商品で言うと、クリスタル水素水が開封時に1.8ppmと業界最高水準を誇っているため別格ではありますが、ほかの商品の水素濃度は大きな差がありません。それにも関わらず、実験結果では各商品の差が見て取れたのは驚きでした。
クリスタル水素水、キヨラビの2商品は目立った変色なし!
全商品について、ある程度変色を防ぐことはできましたが、変色の「程度」には明らかな差が見受けられました。なかには、「開封時の濃度が1.5ppmを超える」と謳っている商品でも、実験の結果、全体的にリンゴの変色が見られたものも。そんななか、変色がほとんどなかったのがクリスタル水素水とキヨラビの2商品。特に、クリスタル水素水は触った感じの弾力性やみずみずしさも損なわれておらず、新鮮な状態が維持されていました。
最も抗酸化力に優れていたのはクリスタル水素水
今回の、水素水の抗酸化力を調べる実験ではクリスタル水素水に軍配!「水素充填時に最大2.5ppm、開封時でも1.8ppm」という謳い文句は嘘偽りなく、本物だったようです。しかも、開封後も8時間高濃度の状態を維持できるようなので一度に飲みきれなくても安心ですね。クリスタル水素水は、水にもこだわり熊本県の白川水源の天然水を採用しているため、まろやかな口当たりでおいしいと評判。毎日続けたくなるおいしさと、確かな効果を実感できるクリスタル水素水。一度は試してみる価値がありそうです。
持ち歩けるおすすめ水素水ガイド 水素水の抗酸化作用を徹底的に検証してみました

毎日チャージ!持ち歩ける
おすすめ水素水ガイド

どのタイプがいい?
水素水の選び方

水素水の
飲み方・使い方・作り方

水素水の種類

驚異のパワー!
改善を期待できる症状は?

ニセ科学?
水素水の最前線に迫る

 
ページの先頭へ